障子張り替えについて詳しく解説します

このサイトでは、障子張り替えを自分でおこなう場合の上手に完了させるコツとポイントをご紹介します。
今ではホームセンターやネット通販でプロが使用する道具や材料を、どなたでも買える時代となりました。
しかし障子と一言にいっても色んな種類で販売されているので、何を選んでも成功するとは言い難いです。
設置する場所によっても異なるので、ここでそれぞれに特色をくわしく見ていくので、参考にしていただけると幸いでございます。

障子張り替えを行う場合の障子選びのポイントと障子張り替え作業上の注意点を紹介

障子張り替えを行う場合の障子選びのポイントと障子張り替え作業上の注意点を紹介 障子張り替えでもっとも大切なのは、障子選びです。
キッチンであれば油汚れに強いプラスチック素材、和室なら通気性に長けている和紙という具合です。
最近は室内でペットを飼育されている方も多く、障子が破れてしまうというトラブルもあるでしょう。
その場合は障子張り替えでポリウレタン製を選ぶことです。
破れなくて耐久度も高いので、ペットの爪でも傷んだりしません。
障子選びを正しくおこなうには、各家庭の環境を考えることです。
さまざまな商品が販売されているので、それを見ながらどんなものだと快適になるのかを考えます。
なお、障子張り替え作業はどれも同じで、糊を骨組みに塗って貼り付けていきます。
また、アイロンで接着出来る簡単なものもあります。

障子の種類を選んでから障子張り替えをします

障子の種類を選んでから障子張り替えをします 和室は優しい採光が特徴になっており、心身を癒す効果があります。
障子に破れがあったり、黄ばみなどが気になる場合は障子張り替えを行うことが大事です。
障子張り替えは湿気の多い梅雨の時期が向いており、紙が伸びて張り替えがしやすくなります。
素人がきれいに張るのは難しいため、信頼できる専門店を探しておくことが大事です。
インターネットの専門店では和紙などの素材、耐久性に優れており破れにくいプラスチック障子などの種類があります。
ペットや小さい子供のいるご家庭では、耐久性に優れたプラスチック素材がお勧めです。
事前に電話やメールなどで申し込んでおくと、見本を持参してくれるのでじっくりと時間を掛けて選ぶと良いでしょう。
紙製の商品は豊富な色や柄などが揃っていますが、無地の商品は定着した人気があります。
障子の種類を決めたらスタッフが見積もりを表示するので、金額に納得が出来たら依頼すると良いでしょう。
障子張り替えは短納期で行っているので、仕事や家事、育児などで忙しい人も安心です。
豊富な価格帯の商品が揃っているので、予算や部屋の雰囲気に合った商品を選んで下さい。
手持ちの現金が乏しい場合は、クレジットカードの後払いに対応をしています。

自宅の障子張り替えを行う際の流れについて

自宅内にある障子は時間が経つと変色をしてしまったり、汚れやペットや子供が原因となって穴が開いてしまうことも少なくありません。そこで綺麗に張り替えるためにも、自分で障子張り替えの流れや必要となる道具を把握しておくと安心です。
障子張り替えにかかる費用は1枚あたりで200~1,500円ほどかかるといわれており、障子紙と障子ノリ、ノリハケやヘラ、カッターナイフやバケツ、定規や霧吹きをホームセンターなどで用意します。手軽に貼ることができるアイロンや両面テープのタイプもありますが、次回張替えをする際に剥ぐのが難しくなり、木地を傷める可能性があるのでできるだけ避けることがポイントです。流れは古い障子を外し、水で綺麗に洗い流すことで紙を綺麗に剥がしホコリやアクを取り除く効果があります。
紙が濡れているうちに剥がし木枠に残らないように丁寧に処理をして、しっかり乾かします。後はノリを中から外の順番で付けていき、紙を貼って必要な部分を定規を利用してカットし、乾かしたら最後に霧吹きをすることで再度乾かすと、紙がピンと張るので仕上がりが美しくなります。

道具を買い揃えたりなど意外と大変な障子張り替え作業

エアコン・洗濯機・風呂釜・換気扇の丸ごと洗浄や外壁の塗装や間取りの変更や収納スペース増設や玄関ドアの鍵交換など、自分で簡単に出来そうだけど実は難しくて大変な家の中の作業はたくさんありますが、障子張り替えもその代表格です。
障子の枠は大きいので作業場所を確保するのも至難の業ですし、バルコニーやベランダで行う場合は季節や天気との兼ね合いもありタイミングを見計らわなければなりません。養生シートや養生テープを使って、周辺が汚れないようにするための準備も必要です。道具をホームセンターなどで揃えるとなると手間もお金もかかりますし、テクニックを有しておらずコツもわかっていない素人がいきなり挑戦するにはハードルが高すぎます。シワになったりよれたり破れたりズレたりなどの失敗のリスクもつきまといますので、障子張り替えは業者に頼むのが手っ取り早くて安心安全です。枚数や障子紙の種類などによっても違いますが、相場は数千円程度で良心的な価格で作業してもらえます。

障子張り替えを行うべき期間を正しく知ろう

障子張り替えといえば、年末の大掃除に行うものというイメージが強いですが、実は障子張り替えを行うべき期間があることを把握されている方は少ないです。基本的に障子が汚れたり、破けてしまったときには期間を気にせずに張替えを行う必要がありますが、目に見えて穴が開いていない状態ならば基本的に約5年を目安として交換を行うようにしましょう。
目に見えて汚れや破けがないならば交換する必要がないのではという考えの方も多いですが、障子紙は日中常に紫外線を浴び続けているため、外からの紫外線や湿気によって劣化している可能性が高いです。そのため前回交換を行った時期を覚えておき、5年ほど経った時に年末の大掃除にあわせて行ったり、婚約や法事など冠婚葬祭で多くの人が集まる時にあわせて交換を行うのもおすすめです。
障子張り替えは専門業者に依頼をする方法以外にも、道具を用意して自分で交換することも十分可能なので、一度張り替え手順を把握しておくことをおすすめします。

自宅の障子張り替えを行うことで得られる効果

自宅に障子があり、経年劣化で変色や汚れが目立ってしまったり、子供やペットが原因で小さな穴がところどころに開いているという状態であるという場合は少なくありません。障子張り替えはそういった古くなった障子を綺麗に張り替えることで、見た目を美しくするだけではなく様々な効果を得ることができるといわれています。まず新しい紙を張り替えることで、室内の温度を適切にコントロールすることができるようになります。
通常冬場など室内の暖房がきいている状態でも窓の近くは非常に冷える状態となっていますが、これは壁や窓によって空気が冷やされることで空気が下がり、床近くに流れを作っています。この対策として内障子が役立ち、空気が下がり直接ガラス面に触れないので室内空気の冷却による冷えを大幅に減らす事ができます。
もし穴がたくさん開いていたり、紙が経年劣化していると適切に室内温度をコントロールすることができなくなるので、新しいものに交換するだけでも障子がもつ効果を最大限に発揮させることが可能です。また吸湿性も持っているため、障子張り替えを行えば湿度の高い夏場でも室内の温度変化を抑えることができます。

障子張り替えをするメリットとはどんなものか

障子張り替えは定期的に行うことで、障子を長持ちさせることが出来ます。メリットとして「見た目がきれいになる」「障子の素材を長く持たせられるようになる」といったものがあります。ほかにも色々なメリットはありますが、一番に挙げられるのはやはり見た目がきれいということでしょう。特にお客さんが来ることが多い「客間」などの障子はこまめにお手入れをしておかないと、見た目が悪くなるだけではなく劣化をして障子そのものも傷んでしまいます。
そのようなことにならないためにも、障子張り替えは定期的に行うようにするべきです。張り替えの手間は業者へ依頼してもいいですし、簡単に張り替えることが出来る道具を購入してもいいでしょう。簡単に障子張り替えを可能にする道具は市販にも色々とありますし、少し割高にはなりますが専門知識を持ったプロに定期的に張り替えて欲しいとお願いしておくのもおすすめです。良い点もあれば少し困った点もあるけれど、障子張り替えは基本的にやっておいた方がよいものだと言えます。

障子張り替えを業者に依頼するメリット・デメリット

障子張り替えを業者に依頼すべきかDIYで行うべきか迷っている方は多いかと思いますが、仕上がりの質を重視するなら業者にお願いするのがおすすめです。障子張り替えは、ホームセンターなどで道具を揃えた上でインターネットの情報を参考にすればDIYでも比較的簡単に行えますが、素人とプロとでは仕上がりの質に大きな差があります。プロに依頼した場合、仕上がりが美しいだけでなく手間がかからないというメリットもあるので、障子張り替えを自分で行う自信がない場合や張り替え枚数が多いという場合は業者への依頼を検討しましょう。
一方で、業者に依頼するとコストが高くなるという側面があります。そのため、少しでも費用を抑えたいという場合はDIYを選択するのがおすすめですが、お客さんを通す客間などはプロに依頼して、家族だけが使う茶の間などはDIYで行うという選択肢もあります。また、プロに依頼する場合、業者の選定を行う手間がかかる、現地調査が有料の場合があるといったデメリットもあるので注意が必要です。

障子張り替えの依頼はいつどこにすべきでしょう

和室に障子が入っているのはなんとも品があって素敵なのですが、ちょっとしたことで破れてしまったり、経年劣化で黄ばんでしまったりと、そろそろ張り替えようかというときが必ず来ます。障子張り替えは、自分でももちろん不可能ではないのですが、最低二人いるほうがピタッとうまく張り替えることができ、初めに古いものを外すのですが、その手間も結構かかるため、複数人作業できる人がいるほうが楽です。お商売にしている人ならば一人でももちろん簡単にやってくれます。依頼はプロに頼んだり、シルバー人材センター、便利屋さんい頼むことが可能です。プロの方が幾分高くなりますが仕上がりも速くきれいでしょう。向こうが提示する障子紙の中から選ぶことになります。
障子張り替えをシルバー人材センター等素人に頼む場合は、ご自分御貼ってほしい紙を事前に用意して、実費プラスアルファでやってもらうことが可能です。しかしまずは見積もり相談から始めることが肝心です。お盆や年末は込み合うので、それを外す方が早く安くできます。

障子張り替え作業を業者に依頼するなら繁忙期は避けるべき

暖房や冷房の効き目を良くして冬は暖かく夏は涼しく過ごせるように断熱性を高める、湿気や空気中に漂う有毒物質や悪臭を吸い取りお部屋を衛生的に保つ、直射日光を遮り部屋を柔らかく優しい光で包み込む、モダンな雰囲気を作り和室のインテリア性を向上させるなど、障子はありとあらゆる役割を果たす機能性とインテリア性を兼ね備えた優れものです。
日焼けや破れや穴やカビや変色やシワなどの劣化が目立つ障子は、見た目の悪さでインテリア性を損なうだけではなく、障子が持つ優れた機能も低下してしまいます。インテリア性のためにも機能性のためにも、障子張り替え作業は頻繁に行うべきです。障子張り替え作業は意外と難しく、コツやテクニックを要します。用具を買い揃えたり場所を確保したり養生を施したりするのも大変ですので、業者に依頼するのが理想的です。お盆や年末は業者の繁忙期となるため、料金が高くなったり納品が遅れたりする可能性があります。依頼するなら繁忙期以外の時期にしましょう。

定期的な障子張り替えで和室の断熱性を高める

直射日光を遮り丁度良い明るさの光を部屋の中に届けたり和室のインテリア性を向上させたり湿気を吸収したり良い目隠しになったりなど、障子が果たす役割は多岐にわたりますが、断熱性を高めるという機能も有しています。
日焼けして変変色したり破れたり穴があいたり汚れたり湿気でカビが生えたりシワが寄ったりなど、劣化した障子をそのまま放置しているというご家庭は多いのではないでしょうか。劣化が進んだ障子をほったらかしにすると、インテリア性や審美性が損なわれるだけではなく、吸湿性や断熱性など障子が持つ機能まで失われてしまいます。定期的な障子張り替え作業で、インテリア性と機能性の両方を守りましょう。障子張り替えは自分でDIY感覚で行うのではなく、業者に依頼するのが賢い選択です。プロに作業を全部お任せした方が仕上がりが美しいですし、道具を一から揃えたり作業時間を確保したりなどの負担を考えると業者に依頼した方が安上がりで費用対効果も高いです。

部屋のメンテナンスとして行う障子張り替えの意味について

障子のメンテナンスで重要なのは一年ごとの障子張り替えであり、これを怠ってしまうと生活スペースの空気が汚れやすくなってしまいます。なぜかというと障子紙は和紙製であれば空気中の汚れを吸着し、湿度を調節する機能が備わっているため、汚れたままにするとそれらの機能がなくなってしまうからです。
障子張り替えをするのが面倒な人は和紙ではなくプラスチック製にすることがありますが、その場合は空気清浄機を用いる、こまめに掃除するなどの対策が必要となるでしょう。メンテナンスとして障子張り替えをしなければいけませんが、小さな子供やペットなどがいる場合は空気の汚れよりも障子を破かれるのを防がなくてはいけないので、プラスチックにするのがおすすめです。そのほかにも色のついた障子にすることで部屋の印象を大きく変えることもできるので、障子張り替えをする場合は家族とよく話し合い、どういった紙にすればいいのかをよく考えていくといいでしょう。

障子張り替えで準備しておくべき道具類は多くありません

障子は日本の古来から伝わる建築資材の1つですが、情緒があって和風の部屋には欠かすことができません。
ただ障子は紙素材ですから、破れてしまったり穴があくとみっともなくなってしまいます。
また湿気を含んだ空気中の汚れが付着すると、少しずつ黄ばみが目立ってしまうので、気になったときは障子張り替えをすると良いでしょう。
障子張り替えは専門業者に依頼をすることもできますが、費用を安く抑えたいときは自分で行うことができます。
障子紙はホームセンターなどで販売されていますし、種類も豊富ですから、好きなデザインのものを選べることが魅力です。
障子張り替えに必要な道具を準備することが大事ですが、実は揃えなければならないものはそれほど多くありません。
障子紙を張るためのノリと、サイズに合わせて切るためのハサミ、そして皺にならないようにするためのヘラです。
ヘラがないときは長めの定規でも代用することができますから、障子張り替えのために特別購入しなければならないものはないのも嬉しいです。

スクリーンタイプの障子張り替えも案外簡単

私たちが住む日本でも西洋風の住宅が好まれる傾向にあり、畳や障子を使用した昔ながらの日本家屋は減少傾向にあります。
一般住宅を見ても、大部分の部屋はフローリングの床にクロスが貼られた壁が多く、畳や障子を使った部屋はひと部屋程度しかありません。
この西洋風の住宅が好まれる理由として、メンテナンスがひとつの要因と考えられます。
畳が数年に一回、畳表を交換したり、い草が擦り切れた場合に修繕が必要になるのに対し、フローリング材は強度もある為、耐久年数が長いです。
障子も黒ずんだり破れる事により障子張り替えの作業が必要になります。
このようにメンテナンスを考えれば面倒な障子張り替えですが、スクリーンを用いて持ち運びが出来、プラスチックのように固く破れにくい物も販売され始めており、簡単に和室気分が味わえると人気を集めています。
もし、破損してしまった場合でもホームセンターなどで手に入れる事ができる為、DIYで補修ができます。

障子張り替えの目安は2年から5年を考えておくと安心です

毎日掃除をしていても、空気中に漂っている目に見えないホコリなどは少しずつ積もっており、気づいたときには汚れが目立っているということが少なくありません。
床などのホコリは掃除機で吸い込んだり雑巾でふき取ることができますが、障子の場合は掃除が難しいと言えます。
障子紙そのものが汚れを吸収しているため、黄ばんだり茶色くなっているから白くするのは難しいですし、破れてしまうと取り繕うことも困難です。
そんな時は障子張り替えをすることをおすすめしますが、目安として2年から5年のサイクルで行うと良いでしょう。
もちろんその期間に関わらず、汚れが目立ったり大きな穴が開いてしまったときは、障子張り替えをすると良いです。
障子張り替えは専門業者に依頼することもできますが、自分で行うことも可能です。
ホームセンターなどに沢山の種類の障子紙が販売されていますし、必要な道具も簡単に取り揃えることができ費用面でも安く抑えられます。

梅雨や年末までに終わらせたい障子張り替え

真っさらのピンと張った障子の部屋では、気持ち良く過ごすことができます。
新しく張り替えた障子も、生活する中で少しずつ汚れたり劣化してしまうのは仕方のないこと。
障子張り替えを検討しているのなら、梅雨や年末を一つのタイミングにすると良いかもしれません。
一年の中でお正月やお盆というのは、離れて暮らす家族や親戚が集まります。
お座敷で過ごすことも多く、障子も人の目についてしまうため綺麗にしておきたいもの。
お正月やお盆目前は、障子張り替え店の繁忙期と重なってしまうため、希望の日時に予約が難しくなってしまいます。
少し早めを意識して、梅雨や年末を目処に行うと良いでしょう。
また近年では、自分でDIYする方もいます。
ホームセンターや大手の通販サイトなどで、障子張り替えに必要な障子紙や便利な道具のセットが手軽に購入可能です。
張り方の手順も動画などを見て参考にすることができます。
障子張り替えでお部屋をリフレッシュすれば、気持ち良くお客様を迎えられるでしょう。

障子張り替えの際には拭き掃除可能なタイプを選ぶこともおすすめ

障子は日本の伝統的な建具であり美しく風情がありますが、時とともに汚れや劣化が見られます。
破れや汚れが目だってきた場合は張替えも考えていきたいところです。
まず、障子張り替えは、古くなったり穴が開いたりした障子紙を新しいものに取り替える作業です。
新しい障子紙を張ることで光の調節やプライバシーの確保など、本来の機能を取り戻すことができます。
障子紙にも様々なタイプがあるので、家の印象や雰囲気を一新させる効果も期待できます。
障子張り替えは専門的な技術が必要であり、DIYでは難しい場合があります。
熟練した職人に依頼することで、きれいな仕上がりと耐久性を確保できます。
一方、障子の定期的な拭き掃除も重要です。
障子紙の汚れやほこり、カビなどを除去することで、長持ちさせることができます。
破れやすいので掃除には柔らかい布や障子専用のクリーナーを使い、優しく丁寧に行うことが大切です。
プラスチック障子なら拭き掃除もしやすくなりますし、丈夫で長持ちするという利点もいあります。

障子張替えの参考サイト

障子張替え 東京

新着情報

◎2024/1/15
情報を追加しました。
>障子張り替えで準備しておくべき道具類は多くありません
>スクリーンタイプの障子張り替えも案外簡単
>障子張り替えの目安は2年から5年を考えておくと安心です
>梅雨や年末までに終わらせたい障子張り替え
>障子張り替えの際には拭き掃除可能なタイプを選ぶこともおすすめ

◎2023/3/16

情報を追加しました。


>障子張り替えを業者に依頼するメリット・デメリット
>障子張り替えの依頼はいつどこにすべきでしょう
>障子張り替え作業を業者に依頼するなら繁忙期は避けるべき
>定期的な障子張り替えで和室の断熱性を高める
>部屋のメンテナンスとして行う障子張り替えの意味について

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>自宅の障子張り替えを行う際の流れについて
>道具を買い揃えたりなど意外と大変な障子張り替え作業
>障子張り替えを行うべき期間を正しく知ろう
>自宅の障子張り替えを行うことで得られる効果
>障子張り替えをするメリットとはどんなものか

◎2021/10/13

張り替えは季節感を意識
の情報を更新しました。

◎2021/8/17

障子張り替えに要する費用
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1障子にメアリ氏にとって あなた自身の体のことが一番大事だからだよ どんなに大切だと感じることがあっても 本当の一番にはなり得ないのさ

返信先: こういうのもある。 でも大切なのは諦めの心😂

-->